平成28年6月16日の討論の様子がメディアに報じられました

abf55cdcf5a9c17bdc8984802042148c
去る6月16日に行われました「放送メディアの自由と自立を考える研究者有志」の3名との公開討論会【テレビ報道と放送法ー何が争点なのか】の様子が一部のメディアで報道されましたのでご紹介いたします。

★東京新聞 6月17日(紙面)
9c1f8120c7e168a452ab3a9a890a2384

★産経新聞 6月21日(紙面)
edce2b683a08b53e439fea1836d3ff6c

★産経ニュース(WEB)

6月16日

テレビ報道と放送法・公開討論(上)http://www.sankei.com/smp/entertainments/news/160616/ent1606160006-s1.html

6月16日

テレビ報道と放送法・公開討論(下)http://www.sankei.com/smp/entertainments/news/160616/ent1606160007-s1.html?pdm_ref=rna

6月21日

http://www.sankei.com/smp/entertainments/news/160621/ent1606210006-s1.html

★NHK【ニュースチェック11】にて放送(動画はありませんが、放送されたことを確認しました)

★【NHK ONLINE】(WEB) 6月16日 ※リンクは切れました

放送の在り方について異なる立場から議論 6月16日 22時03分

放送の自主自律や不偏不党などを定めた放送法について考える討論会が開かれ、異なる立場の人たちが放送の在り方を巡って意見を交わしました。

東京・千代田区の日本記者クラブで開かれた討論会には、大学教授や評論家など6人が出席しました。

この中で、放送法遵守を求める視聴者の会の事務局長で文芸評論家の小川榮太郎さんは「特定秘密保護法や安全保障関連法について伝えたテレビの報道は、放送時間の配分が法律に反対する内容に大きく偏っていた。

これは、放送法が定める政治的公平に明確に違反している」などと述べました。

これに対して、放送メディアの自由と自律を考える研究者有志の1人で、東京大学名誉教授の醍醐聰さんは「重要なのは賛成と反対をバランスよく伝えることではなく、取り上げられた情報が、

国民の判断に有用かという『報道の質』だ。国民が考える材料を提供するのがメディアの使命だ」などと述べました。双方の出席者からは「立場は異なってもこうした議論を交わす場が大事だ」という意見が出ていました。

★リテラ(WEB)

http://lite-ra.com/2016/06/post-2345.html

 

なお、当日取材にいらしたマスコミは以下になります。

 

IWJ(インディペンデント・ウェブ・ジャーナル)/テレビ東京/チャンネル桜/U PLAN/

ドワンゴ/TBSテレビ/K&Kプレス/テレビ朝日/NHK/民間放送連絡機関誌/季論21/

朝日新聞/日本テレビ/しんぶん赤旗/テレビ朝日/月刊「創」/時事通信/産經新聞/

東京新聞・中日新聞/ 共同通信社/フジテレビ/讀賣新聞/レイバーネット/ ニューズウィーク編集部/

日本新聞協会/リテラ/CBCテレビ/

 

まだまだ取り上げられる回数は少ないですが、NHKが報じてくれたことで流れも大きく変わるのではないでしょうか。

取材にいらしてくださった皆様ありがとうございました。