電通の広告不正請求問題に対する各局の報道について

電通の広告不正請求問題に対する各局の報道について

去る9月23日、電通がネット広告に絡み不適切な業務が行われていたと発表し謝罪しました。この件を新聞各紙は当日に電子版で報じていますが、テレビでは報道していないのではないかとの声が当会に寄せられました。そこで当会では当日の東京キー局の報道番組でこの件が報道されたかどうかを確認してみました。その結果は以下の通りです。

NHK
  報道せず*

日本テレビ
「NEWS every」にて午後5時22分から1分14秒

TBS
「Nスタ」にて午後6時39分から52秒

フジテレビ
  報道せず

テレビ朝日
「スーパーJチャンネル」にて午後6時49分から52秒

テレビ東京
「ワールドビジネスサテライト」にて午後11時00分からトップで1分37秒

*NHKでは、午後11時25分〜0時5分までの「ニュースチェック11」では一瞬、このニュースを表す言葉が画面の一部に映る場面がありました。今日のニュースの一つとして並んではいたが、読み上げなかったという様子でした。

この結果でわかることは、当日のテレビでこの件が「全く報道されなかった」わけではないということです。ただ、取り上げた局のうち、日本テレビは夕方のニュース番組の中頃、TBS、テレビ朝日は同じく夕方のニュース番組の終盤に短く伝えたのみで、午後7時以降の大型報道番組の中で伝えたのは、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」だけでした。

もちろん、日々起こる無数の事象から、放送に取り上げられることは限られています。その中で、個々のニュースの重大性の如何については、それぞれの放送局の判断があって然るべきです。

たとえば同じ「不正請求」の問題でも、最近続々と発覚した地方議員の政務活動費の不正問題は連日大きく報道されましたが、住民の税金が直接不正利用された問題に比して、今回の電通の案件は企業間のトラブルにとどまっているので、そこまで一般視聴者の重大な関心事とは捉えないという判断があったとしても一定の合理性はあるでしょう。

ただ現実に、テレビ朝日「報道ステーション」やNHK「ニュース7」及び「ニュースウォッチ9」、TBS「NEWS23」等といった、注目度の高い大型報道番組では一切取り上げられなかったという状況があり、その結果として、このニュースにあらかじめ関心を持つ人のもとにはこの件のテレビ報道が届かず、「テレビはこの件を全く報道していない」という印象とともに、このニュースが不当に軽んじられていると感じたケースが少なくなかったことは確かと思われます。

つまり、インターネットを中心に多様な情報を得ている一般視聴者が期待するテレビ報道と、実際に供給されているテレビ報道の間に、ズレが生じた事例であったとは言えるでしょう。

皆様はどう感じられたでしょうか?