「冬のアジア大会組織委がアパホテルに本の撤去を打診した」との報道について、NHKに公開質問状を送付致しました

アパホテルが客室に備え付けている本が日中戦争の歴史を否定する内容だとして、中国政府から反発が出ている問題について、
「冬のアジア大会組織委がアパホテルに本の撤去を打診した」と NHKの1月19日ニュースウォッチ9及びニュースチェック11にて報道されました。
この報道について、インターネット上にて誤報であるとの情報が飛び交っております。

※ニュースチェック11の報道は下記リンクからご覧になれます↓
「アパホテルに本の撤去打診 冬のアジア大会組織委」1月19日 21時46分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170119/k10010845791000.html

当会としても 多数問い合わせ・検証依頼などを頂きましたので、独自に組織委員会とアパホテルに問い合わせ致しました。

NHKが今現在この報道について訂正したことは確認がとれておらず、

当会が確認した事実に基づき、NHKに対し下記の公開質問状を送付することと致しました。
  <NHKへの公開質問状>「冬のアジア大会組織委がアパホテルに本の撤去を打診した」との報道について(_ページ_1 <NHKへの公開質問状>「冬のアジア大会組織委がアパホテルに本の撤去を打診した」との報道について(_ページ_2

PDFはこちらからDLできます。
1月25日にFAXし、26日に郵送でも送付予定であることを皆様にご報告致します。

 

————————-

 

平成29年1月25日
NHK放送センター 報道ご担当者様
公開質問状「冬のアジア大会組織委がアパホテルに本の撤去を打診した」との報道について

標題の件に関し、去る1月19日のニュースウォッチ9とニュースチェック11で、下記のように報じられました。

「アパホテルが客室に備え付けている本の日中戦争に関する記述を巡って中国で反発が出ている問題で、来月、札幌市などで開かれる冬のアジア大会の組織委員会はホテルが選手団の宿泊先になっていることから、中国人の選手などに配慮して本の撤去などの対応を打診しました」
現在、ネットを中心に、これが誤報であるという説が飛び交っておりますので、当会で組織委員会に対して独自に取材しましたところ、下記の回答を得ました。
ホテルは選手村の代替であり、選手村には刊行物などを置かないのが慣行となっており、それについては適宜ホテル側に理解を求めている。しかし、今回の中国での反発に応じて、アパホテルに対して運営委員会から本の撤去を打診した事実はない。

1月19日のニュースウォッチ9で本件が報じられた直後、組織委員会からNHKに対して「報道は事実に反する」という抗議の電話を入れた。NHKの回答は「ネットに載せる記事からは撤去という言葉を削除する」というものだった。同日9時46分付でネットにアップされた記事からは「撤去」という言葉が削除されたように見えたが、組織委員会からは重ねて「打診」という言葉も事実に反するので削除するように依頼した。しかし、その後放映されたニュースチェック11では、「撤去を打診」とそのまま使用して再度伝えられた。

1月25日現在、当会が確認したところ、NHK NEWS WEBには1月19日9時46分付で「アパホテルに本の撤去打診 冬のアジア大会組織委」という記事が掲載されていますが、その中では「(アジア大会の組織委員会は)中国人の選手などに配慮して、本の撤去などの対応を打診しました」と明記されています。

当会の取材に対する組織委員会の回答が事実とすれば、NHKはニュースウォッチ9で「組織委員会が中国での反発を受けて本の撤去をアパホテルに打診した」と誤報し、直後に組織委員会から抗議を受け、「撤去という言葉を削除する」と約束したにも拘らず、ニュースチェック11で全く同様の報道をし、なおかつ、NHK NEWS WEBでも全く訂正しなかったことになります。つまり、組織委員会からの抗議を完全に無視したということです。

このような著しい齟齬があることは公正な放送の観点から重大事であり、編集権の域を超えるものでありますから、NHKの見解をお知らせ頂きたく、お願い申し上げます。
お答え頂く方法は、FAXでも郵送でも構いません。なお、この質問状は公開質問状とさせて頂きますのでご了承ください。

放送法遵守を求める視聴者の会
事務局

以上