「最近のテレビは偏向報道が増えている」が67.8%

視聴者の会では、平成29年12月27日から12月28日の期間、テレビの一般視聴者を対象に偏向報道に対する意識調査を行いました。最近テレビの偏向報道が増えていると考えている人が全体の約7割、偏向番組のスポンサー商品を買いたくないと考えている人が約半数もいることがわかりました。調査結果についてはプレスリリースにまとめましたのでダウンロードしてご覧ください。

下記よりダウンロードできます。
https://housouhou.cd-pf.net/contents
※無料登録して、メインメニューのコンテンツをクリックしてください。

<お願い>
この調査はあくまでネットモニターへのサンプリング調査です。調査結果に更なる説得力を持たせるにはマスコミと同じRDD方式の電話調査が必須かと思われます。
とはいえ、RDD方式の調査には最低で1000万円程度の費用がかかります。当会では、平成30年3月までにRDD方式の調査実施を目指し、寄付金および有料会員を広く募集しております。志ある方はぜひご協力ください。また、この件をご親戚、お友達、SNSなどで拡散していただければ助かります。

寄付金の振込先
銀行:ゆうちょ銀行
支店:00八支店(ゼロゼロハチ)
口座種別:普通預金
口座番号:0153874
口座名義:ホウソウホウジュンシュヲモトメルシチョウシャノカイ

有料会員制サイト
https://housouhou.cd-pf.net/home

<今回の調査の概要>
■手法
NTTコムリサーチ登録モニター(2013/11/01現在739,849 人)からサンプリング
国勢調査または総務省統計局の住民基本台帳に基づく人口構成比で重み付けを行って集計

■仕様
設問数:10問、回収数:1,000件

■回答対象者
日本在住の男女