汚職撲滅は極右の政策? 視聴者への印象操作が疑われるNEWS23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   放送法遵守を求める視聴者の会 視聴報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素は当会にご支援とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

「NEWS23週刊報告 10月29日~11月2日号」を有料会員の皆様に公開いたしました。
housouhou.cd-pf.net/contents?tag=NEWS23

この週のNEWS23では、韓国徴用工判決や北米の移民キャラバンに関する報道がありました。
当会の報道監視員が調査を行った結果、「ブラジルのトランプ」が大統領に当選したというトピックスをはじめとして、放送法違反が疑われるシーンが複数発見されました。

ここでは放送法違反の疑いがある報道を一部ご紹介します。
「ブラジルのトランプ」に関する報道で問題があったのは10月29日(月)の放送です。

このトピックスでは、南米のブラジルで大統領選挙で決選投票が行われ、極右候補のボルソナロ下院議員が勝利したこと、
またボルソナロ下院議員は過激な発言からブラジルのトランプと呼ばれていることが伝えられました。

番組では、ボルソナロ氏の発言を取り上げたうえで今回の選挙戦を振り返り、勝因として、ブラジルでは左派政権のルラ元大統領が収監される汚職事件が起き、汚職撲滅を強く訴えたボルソナロ氏への追い風となったとの分析が報じられていました。

こうした分析は視聴者にとっても有意義なものです。しかし、番組が強調する「極右」というイメージを裏付けるほどの根拠は何もありませんでした。
実際の政策論や政治姿勢などを見て視聴者が「極右だ」と判断するのであれば問題はありませんが、そうした判断材料を示すことなく一方的に「極右だ」と報じるのは、視聴者に実際の政策論とは関係のないところで極右という印象を与えてしまう可能性があり、大いに問題があると思われます。

よって、今回のNEWS23の報道は視聴者への印象操作が強く疑われます。

この週では他にも放送法違反や印象操作が疑われるシーンが見受けられました。
レポートでは5日間の放送をすべて確認したうえで、番組の演出やスタジオでのキャスターらのコメントなど、
あらゆる場面を放送法と照らし合わせて調査をしております。

詳しくは、有料会員登録のうえ、「NEWS23週刊報告 10月29日~11月2日号」をご覧ください。
housouhou.cd-pf.net/contents?tag=NEWS23

コメント欄及びコミュニティにて、皆様のご意見ご感想をお待ちしております。

当会では、今後も会員の皆様とともに、偏向報道を是正し、国民の知る権利を守る活動を続けてまいります。

———————————–お知らせ——————————————–
■当会の有料会員登録はこちらからお願いいたします。
housouhou.cd-pf.net/

■当会へのご寄付は下記口座にお願いいたします。
—————————————-
金融機関名:ゆうちょ銀行(9900)
店名:〇一八店(018)
普通 9178167
口座名:一般社団法人放送法遵守を求める視聴者の会
(カタカナ表示:イッパンシャダンホウジンホウソウホウジュンシュヲモトメルシチョウシャノカイ)

※ゆうちょ銀行での振替の場合
記号: 10160 番号: 91781671
—————————————-
※ご注意
・寄付金控除、寄付金特別控除の対象にはなりません。
・ご寄付によって当会会員資格を得ることはできません。有料会員登録によって当会会員となります。

■メールの配信解除はこちらからお願いいたします。
housouhou.cd-pf.net/setting/services

□□□───────────────────────────
一般社団法人 放送法遵守を求める視聴者の会 事務局
お問い合わせ:info@housouhou.com
公式サイト:http://housouhou.com/
会員サイト:https://housouhou.cd-pf.net/
───────────────────────────□□□