レーダー照射事案報道はヘイトスピーチを招くのか? サンデーモーニング報道監視レポート(前編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   放送法遵守を求める視聴者の会 視聴報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素は当会にご支援とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
2018年12月30日のTBS「サンデーモーニング」に関するレポートを配信いたしました。

【サンデーモーニング・12月30日(前編)】
housouhou.cd-pf.net/thread/5c38aa05e6e17705ee0000f5

この日のサンデーモーニングでは数多くの放送法違反が見受けられました。
よって、報道監視レポートを前後編に分けて会員の皆様にお届けしております。

レポート前編では、「韓国海軍のFCレーダー照射について報道された部分」を放送法と照らし合わせて検証しております。
検証内容の一部をご紹介しますと、谷口真由美氏の発言に事実と異なる恐れのある内容が含まれていました。

谷口氏は今回の報道で、以下のように述べています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

谷口氏
「政治的な国家間の摩擦が、あるっていう状況に誰が見ても思うような状況であるときこそ、市民レベルではやっぱ冷静にあるべきだと思うんです。とりわけ、在日コリアンの方たちに対してのヘイトスピーチがこういうので、また例えば巻き起こるみたいなことになってくると、それは、もう全く良くないっていうか、しちゃだめなことなので、市民レベルでは冷静でありたいっていうことをお呼びかけしたいなと思います。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

要旨をまとめると、
・政府レベルで緊張が高まっている時だからこそ市民は冷静でいるべき
・在日コリアンへのヘイトスピーチがこの件でまた起こることはよくないことだ
というものです。

しかしながら、
・外交問題に対して国民が意見を持ったり意思表示をすることを阻害していい道理はない
・在日コリアンへのヘイトスピーチはまったく別の問題であり、今回のレーダー照射とは何の因果関係も存在しない

以上のことから、今回の報道での谷口氏の発言は事実にそぐわないものである恐れがあり、したがって放送法第2章第4条第3項「報道は事実を曲げないですること」に違反する恐れがあります。

この日の放送には他にも放送法違反の疑いがありました。
レポートでは当会の報道監視員がコメンテーターの発言やVTRの構成などをすべて確認し、放送法と照らし合わせて分析を行っております。
詳しくは有料会員登録のうえ、下記よりご覧ください。

【サンデーモーニング・12月30日(前編)】
housouhou.cd-pf.net/thread/5c38aa05e6e17705ee0000f5

コメント欄及びコミュニティにて、皆様のご意見ご感想をお待ちしております。
当会では、今後も会員の皆様とともに、偏向報道を是正し、国民の知る権利を守る活動を続けてまいります。

———————————–お知らせ——————————————–
■当会の有料会員登録はこちらからお願いいたします。
housouhou.cd-pf.net/

■当会へのご寄付は下記口座にお願いいたします。
—————————————-
金融機関名:ゆうちょ銀行(9900)
店名:〇一八店(018)
普通 9178167
口座名:一般社団法人放送法遵守を求める視聴者の会
(カタカナ表示:イッパンシャダンホウジンホウソウホウジュンシュヲモトメルシチョウシャノカイ)

※ゆうちょ銀行での振替の場合
記号: 10160 番号: 91781671
—————————————-
※ご注意
・寄付金控除、寄付金特別控除の対象にはなりません。
・ご寄付によって当会会員資格を得ることはできません。有料会員登録によって当会会員となります。

■メールの配信解除はこちらからお願いいたします。
housouhou.cd-pf.net/setting/services

□□□───────────────────────────
一般社団法人 放送法遵守を求める視聴者の会 事務局
お問い合わせ:info@housouhou.com
公式サイト:http://housouhou.com/
会員サイト:https://housouhou.cd-pf.net/
───────────────────────────□□□