【報道特集】ロシアと中国の軍拡には批判なし? 公平性と多様な批判に欠ける報道特集

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   放送法遵守を求める視聴者の会 視聴報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素は当会にご支援とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
2月2日に放送されたTBS「報道特集」に関するレポートを配信いたしました。

【報道特集】
housouhou.cd-pf.net/contents?tag=%E5%A0%B1%E9%81%93%E7%89%B9%E9%9B%86

この日の報道特集では、玄海原発での避難訓練やINF全廃条約などに関する報道がありました。
特集では、猛威をふるうインフルエンザと誤審が疑われる裁判の再審請求について取り上げられていました。

当会の報道監視員が調査を行ったところ、複数のトピックスで問題点が発見されました。
例えば、「アメリカとINF全廃条約」という報道では、放送法4条1項2号&4号違反の疑いがありました。

この報道では、アメリカがINF全廃条約からの撤退方針を決めたことに関して、広島市や長崎市の市民にインタビューが行われていました。
幅広い意見を市民に求めることは有意義なことではありますが、報道されたのはアメリカの方針に否定的なものばかりとなっていました。

そもそもアメリカが条約からの撤退を決めた背景には、ロシアの条約違反や中国の軍拡という深刻な問題があります。
そうした点への言及がなく、単にアメリカの批判だけを報道するということは、公平性に欠けた報道と考えられます。

これは、放送法第四条一項二号の「政治的に公平であること」や同四号の「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」という点で不十分です。

当会では、報道されたトピックスを文字に起こし、放送法の観点から検証を行っております。
レポートの詳細は、有料会員登録のうえ下記URLからご覧ください。

【報道特集】
housouhou.cd-pf.net/contents?tag=%E5%A0%B1%E9%81%93%E7%89%B9%E9%9B%86

当会では、今後も会員の皆様とともに、偏向報道を是正し、国民の知る権利を守る活動を続けてまいります。

———————————–お知らせ——————————————–
■当会の有料会員登録はこちらからお願いいたします。
housouhou.cd-pf.net/

■当会へのご寄付は下記口座にお願いいたします。
—————————————-
金融機関名:ゆうちょ銀行(9900)
店名:〇一八店(018)
普通 9178167
口座名:一般社団法人放送法遵守を求める視聴者の会
(カタカナ表示:イッパンシャダンホウジンホウソウホウジュンシュヲモトメルシチョウシャノカイ)

※ゆうちょ銀行での振替の場合
記号: 10160 番号: 91781671
—————————————-
※ご注意
・寄付金控除、寄付金特別控除の対象にはなりません。
・ご寄付によって当会会員資格を得ることはできません。有料会員登録によって当会会員となります。

■メールの配信解除はこちらからお願いいたします。
housouhou.cd-pf.net/setting/services

□□□───────────────────────────
一般社団法人 放送法遵守を求める視聴者の会 事務局
お問い合わせ:info@housouhou.com
公式サイト:http://housouhou.com/
会員サイト:https://housouhou.cd-pf.net/
───────────────────────────□□□