2019年5月23日 セブン&アイ・ホールディングスの株主総会にて質問書を提出いたしました。

平素は当会にご支援とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 

本日、当会を代表して事務局長の上念司が、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの株主総会に参加してまいりました。

直接質問の機会をいただき、下記3点の質問を行いました。

 

①テレビ番組に広告を提供する場合の基準をご教示ください。

②広告提供した番組が何らかの不祥事を起こした場合の危機管理体制について具体的にご教示ください。

③仮に不祥事を起こさなかった場合でも、いわゆる偏向報道を指摘されている番組に広告を提供することで企業イメージまたは商品イメージが損なわれる恐れがあります。その場合の危機管理体制について、具体的にご教示ください。

 

※詳細については会員登録(無料会員でも確認可能です)のうえ、下記よりダウンロードください。
https://housouhou.cd-pf.net/contents

 

なお、今回の株主総会には、皆様から頂いたご支援を基に当会が実際に株式会社セブン&アイ・ホールディングスの株式を購入し、一株主として参加しております。
質問の詳細については、5月24日放送のDHCテレビ「虎ノ門ニュース」にて発表いたします。

 

当会では、今後も会員の皆様とともに、偏向報道を是正し、国民の知る権利を守る活動を続けてまいります。

 

※別紙については、当会会員専用サイトよりPDFをダウンロードのうえご確認くださいませ。(無料会員でもご覧いただけます。)

https://housouhou.cd-pf.net/contents