【事務局より】

先日、八重洲ブックセンターで発売記念トーク&サイン会を開催させていただきました、当会事務局長 小川 榮太郎、呼びかけ人 上念 司による共著『テレビ局はなぜ「放送法」を守らないのか』 が、お陰様で八重洲ブックセンターのノンフィクション部門で1位となりました!多くの皆様にお手に取っていただいき、誠に有難うございます。
また、Amazonでも放送マスメディアカテゴリにおいてベストセラー1位となりました。

cf3411d99b0b2ab1c2c0460acb9cddb1-295x300 13724101_1570069893296375_1550463706753444668_o

放送法について、報道についての様々な問題点など、視聴者の会で取り組んでいる諸問題について深く掘り下げた対談本となりますので、とても読みやすく仕上がっております。
テレビの問題について一緒に考えたいと思っている方はもとより、日頃テレビを苦々しくご覧になっている方々には、わが意を得たりと思える部分も多い一冊であるかと思います。是非お買い求めいただくか図書館にてご注文の上、お読みいただければ幸いです。

また、読後にはAmazonでのレビューもぜひご記入いただけますよう、よろしくお願い致します。

★・°∵★,・°∵★★・°∵★,・°∵★

さて、八重洲ブックセンターでのお二人のトークライブの様子を音声にて収録した、オーディオブックの配信販売が決定しました!
当日イベントへ来られなかった方、行ったけど面白すぎたのでもう一度、お二人のトークが聞きたい、どんな事を話しているのか偵察したい(?)という皆様、この機会にぜひお聴きください。(取り扱いは一般社団法人日本平和学研究所になりますので、ご購入をご希望の方は下記リンクより進み、会員登録の上ご購入をお願い致します)

こちらよりどうぞ!
http://psij.or.jp/2016/07/21/audiobook_0716/

★・°∵★,・°∵★★・°∵★,・°∵★

★Amazonリンク★
テレビ局はなぜ「放送法」を守らないのか ―民主主義の意味を問う
小川 榮太郎 上念司(共著)
https://www.amazon.co.jp/…/…/ref=cm_sw_r_tw_dp_U2dKxbQVVZ059

c1aa7de4e69b5a1cc5e8f0f1420442ba

先日八重洲ブックセンターで行われました、放送法遵守を求める視聴者の会呼びかけ人である上念司さんと小川榮太郎事務局長の対談本、『テレビ局はなぜ「放送法」を守らないのか』(KKベストセラーズ) のトーク&サイン会の様子です。

八重洲ブックセンターにて、小川榮太郎・上念司 トーク&サイン会開催

6/25発売の『テレビ局はなぜ「放送法」を守らないのか』(KKベストセラーズ) 刊行記念イベントのお知らせです。

81ejnjxmonl-1-204x300

1300円(税別)

視聴者の会 呼びかけ人・上念司と、事務局長・小川榮太郎による出版記念イベントが開催されます!

日時:2016年7月13日 (水) 19時00分~(開場:18時30分)
会場:八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー
〒104-8456 東京都中央区八重洲2-5-1(予約電話番号 03-3281-8201)

テレビはなぜ「偏向」「歪曲」「洗脳」報道を繰り返すのか? なぜ「放送法」を守らないのか? そして、「民主主義」とは何か・・・?
「TBSは今日、死んだに等しいと思います」筑紫哲也(1996年3月25日) ―あれから20年犯罪レベルの違法報道、祖雑なストーリー、レッテル貼り、無知なニュースキャスター……。
テレビの劣化が止まらない!  テレビは二度死んだ! 「放送法」第4条を平然と無視し、私たち国民の「知る権利」を蹂躙し続けるテレビ局の“闇”を炙り出す、テレビや新聞では絶対に話せない、マル秘講演会です!!

※講演会終了後、サイン会を実施いたします。(お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。八重洲ブックセンターにて対象書籍をお買い上げ頂きます。)
ご興味のある方は、是非足をお運びください。ただし、ご予約が定員数に達し次第募集が終了となりますのでお早めにお申し込み下さいませ。

詳細は、下記URLをご覧ください。
http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/9775/

テレビはなぜ「偏向報道」を繰り返すのか? なぜ「放送法」を守らないのか?! そして、「民主主義」とは何か? 「TBSは今日、死んだに等しいと思います」 筑紫哲也(1996年3月25日) ―あれから20年 犯罪レベルの違法報道、祖雑なストーリー、 レッテル貼り、無知なニュースキャスター……。 テレビの劣化が止まらない! テレビは二度死んだ! ! 「放送法」第4条を平然と無視し、 私たち国民の「知る権利」を 蹂躙し続けるテレビ局の闇を、 二人の論客が炙り出す。 「言論の自由」を謳いつつ “電波利権”にしがみつくテレビ局から、 「電波」という公の財産を取り戻す時が来た! 日本人必読の一冊です。